クイーンミレットコラーゲンとコラーゲン

クイーン・ミレットコラーゲンには豊富なフィッシュコラーゲンが含まれています。フィッシュコラーゲンとは、海洋性コラーゲンともマリンコラーゲンともいわれている魚から採取されるコラーゲンです。


コラーゲンが不足すると髪が細くなったり、ツヤがなくなったりします。コラーゲンを摂取することで、髪の源とされている毛母細胞がとても活発に動くようになると考えられています。髪がやせ細って傷んでいる人は、コラーゲンを摂ることで太くて健康な髪を取り戻すことができます。


コラーゲンは熱を加えることによってその構造を壊すことができます。これはゼラチン化と言い、その変化が起きた時の温度を変性温度と言います。


変性温度はその生き物の住んでいる環境の温度に左右され、陸上動物(人間や牛・豚等)の持つコラーゲンの変性温度は約40度強であり、海に住む動物(魚等の変温動物)では生息している海水温によって異なり、約0度〜約25度です。


つまりコラーゲンはたんぱく質にもかかわらず、熱を加えることによって溶けるという性質があるんです。卵の白身もたんぱく質ですが、一般的な他のたんぱく質の場合、熱を加えると固まるという性質があるんですが、コラーゲンにはあてはまりません。


フィッシュコラーゲン(海洋性コラーゲン・マリンコラーゲン)が人気なのはこのためです。人間の体温は36度ぐらいですから、フィッシュコラーゲンのほうが、陸上動物のコラーゲンよりも溶けて吸収しやすいんです。


フィッシュコラーゲンを摂るとそれが胃や腸のたんぱく質分解酵素によってアミノ酸あるいはペプチドにまで分解され、体内に吸収されていきます。摂取したコラーゲンがそのままの形でコラーゲンになることはありません。必ず分解という過程を経て吸収されアミノ酸になり、それらを材料として人間用のコラーゲンが生成されるものと考えられます。


したがって、コラーゲンを摂ることには論が分かれています。実験での結果にも効果があるとするのとないとするのが存在しています。しかしながら、多くの経験値は効果を認める事を指しているようです。近い将来そのメカニズムが明らかになるものと思われます。


クイーンミレットコラーゲン 最新一覧 By 楽天

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。