クイーンミレットコラーゲンとミレット

クイーンミレットコラーゲンの主成分のミレットとは、広い意味では雑穀のことですが、ほとんどの場合、イネ科のキビの一種を指します。育毛に必要な多くの栄養素が豊富に含まれていることから、その成分を抽出したエキスを頭皮に塗ったり、そのまま食べたりと、ヨーロッパでは中世の時代から利用されてきました。フランスやドイツでは副作用のない安全な食品であることから、「飲む育毛剤」として浸透しています。


スイスの医薬品会社が行った老若男女を対象にした臨床試験では、ミレットエキスを主成分とする経口育毛剤が脱毛に対して70パーセント近く有効であるという結果が報告されてもいるようです。


髪は頭皮の下の毛根の最奥にある毛球でつくられています。毛球は毛乳頭と毛母細胞で構成されています。毛細血管から運ばれた栄養を毛乳頭が取り込み、受け取った毛母細胞が分裂を繰り返すことで毛幹が成長し、頭皮から出て「髪」となります。


髪の90パーセントを占める主成分はケラチンというタンパク質です。ケラチンは18種類のアミノ酸から生成され、 人間の体内では作りだせない必須アミノ酸の仲間も含まれています。クイーンミレットコラーゲンのミレットエキスにはこれらの含硫アミノ酸が含まれているため、“髪の材料”となる成分を補給できるんです。


もうひとつ、ミレットに含まれる栄養素にケイ素があります。コラーゲンを束ねて結合組織を強くするケイ素が不足すると、抜け毛以外にも爪が割れやすくなる、皮膚がたるむ、骨が脆くなるなど、老化に伴う症状があらわれやすくなってしまいます。さらに、ケイ素には動脈硬化を予防する働きもあり、クイーンミレットコラーゲンのミレットエキス髪以外の健康にとってもおススメのエキスなんです。


頭皮は本来静脈の色を反映して青く見えるんですが、頭髪の薄い人の頭皮は肌色など青くは見えません。これは頭皮が炎症を起こしていると考えられます。


クイーンミレットコラーゲンのミレットエキスには炎症を抑えるミリアシン、血行に関与するローズマリー酸、皮膚障害に良いとされる高度不飽和脂肪酸や髪の成長・細胞の働きに深く関わる亜鉛をはじめとするミネラル群が豊富に含まれています。これらの成分があることで結果的に細胞組織の代謝・再生が円滑に行われ、髪の成長に寄与していると思われます。


クイーンミレットコラーゲン 最新一覧 By 楽天


| ミレット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。