クイーン・ミレットコラーゲンとビオチン

クイーン・ミレットコラーゲンには、ビオチンが配合されています。ビオチンは、水溶性のビタミンです。ドイツでキャベツからビタミンHとして発見され、後におなじドイツで卵の黄身からビオチンとして取り出されたものです。



そして、いまでは、ビタミンB群のひとつとして、ビタミンB7として分類されているようです。ビオチンは3つの名前を持っているビタミンといえます。ビオチンが不足すると、脱毛、疲労感に襲われたり、うつ状態に陥ることがあります。吐き気、筋肉痛などの症状を引き起こすこともあります。



ビオチンは、たんぱく質の生成に関係していることで、皮膚を作る細胞を活性化させ、老廃物の排泄を促し、皮膚の機能を正常に保つ働きがあります。皮膚の疾患で代表的なアトピー性皮膚炎や掌蹠膿疱症の補助治療にもビオチンが使われています。さらに抗炎症物質を生成する事でアレルギー症状を緩和する作用があります。



ビオチンは、酵素の働きを助ける補酵素です。酵素はからだに取り入れた栄養などをエネルギーなどに変換する代謝という働きをします。ビオチンは糖代謝、脂肪酸代謝、そしてアミノ酸代謝にかかわる酵素の補酵素として働きます。



たとえば、糖の代謝を促進する為に、血糖値が低下し糖尿病を緩和すると考えられています。そして、アミノ酸の代謝に関わる酵素の補酵素として働くことで、アミノ酸はたんぱく質の材料であるため、ビオチンが不足すると、アミノ酸代謝が滞り、毛髪などにも影響がでて、脱毛や白髪といった症状がでてくるといいます。



クイーン・ミレットコラーゲンに、ビオチンが配合されているのは、脱毛や白髪予防に効果があるとされているからです。また、過剰摂取による副作用は報告されていないようですから、安心して摂取できます。

クイーンミレットコラーゲン 最新一覧 By 楽天
| ビオチン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。